キャバクラのマナーとルール

男たるもの、1つくらいは行きつけのキャバクラを持っておきたいものです。
1人でキャバクラに行けると、大人の男という感じがしてかっこいいですよね。
そんな大人の男になるためにもまずはキャバクラのマナーについて勉強しておきましょう。
マナーを知ることで、初めて1人で行く時の緊張感を緩和することができるのではないかと思います。

ここからはキャバクラで注意すべきことを見ていきたいと思います。

まずキャバクラは女性とお話して、楽しくお酒を飲むところです。
ですので、ボディータッチなどには気をつけないといけません。
大人たるもの節度をもって接するべきです。

また、キャストは指名されて他の席に行くこともあります。
自分が本指名しているキャストがほかの席からも指名されて、席を離れることもあるでしょう。
そんな時も広い心で許してあげましょう。
余裕のある男性は素敵です。
大きな器でキャストの帰りを待ってあげましょう。

あとひとつ気をつけるべきことは、プライベートを詮索しないということです。
キャストのプライベートを根掘り葉掘り詮索をすることは、素敵な男性がすることではありません。
相手は女性です。
しかし出会いを求めることは悪いことではありません。

まずは、出会いの場でもある、そのお店で自分を精一杯アピールすることが大事です。

しつこい男性は女性に嫌われてしまいますよ
この3つを守ることで、お店側もお客様側も気持ちよく、そして楽しくお酒を飲むことができるはずです。

こんなことが自然にできる男性はキャバクラ以外でもモテる男性になれることでしょう。
これから紹介する暗黙のルールというのはこうしないといけないという明確な決まりがあるわけではなく、こうするものだという暗黙の了解な決まり事のようになっている一般的なものです。
これは誰かが教えてくれるわけではありませんし、どこかで学べるわけでもありません。
先輩などに教えてもらって学ぶものです。
ですが、これを知らないとただの失礼なお客さんになります。

前述にもありますが、キャバクラの基本として指名はかぶります。

キャバクラでは、お気に入りの女の子を「指名」をします。

指名をすれば、1セットの時間をお気に入りの女の子を独占できるというわけではありません。
他のお客様も同じ女の子を指名しているとすると、単純に1セットの半分の時間に指名の女の子がつくということになります。

お店によって多少の違いはありますが、指名がかぶれば、お気に入りの女の子は複数のテーブルに行ったり来たりするということは理解しておきましょう。

次に紹介するのは、気持ち良く飲むための暗黙のマナーのようなものです。

指名している女の子の本指名変えや本指名の知らないところで他のキャストに場内指名を入れることは、禁止ではありませんが、自然にこのようなことは避けるようになっています。
キャストの気分を害したり、キャスト同士が気まずくならないためにも心がけると良いでしょう。

このような暗黙のルールを守ることも、楽しく飲むために重要なことです。


▽管理人推奨サイト▽
楽しくお話しながらお酒が飲めるキャバクラの求人サイトです =≫ キャバクラ 求人